ohatu

ohatudesu

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

Google Googleパックを完全に抹消できない

こんにちは。

今回、Google Earthをバージョンアップしようと思い、公式サイトでGoogle Earthのダウンロードを行おうとした時のことです。

何故だか、ダウンロードをしようとすると、自動的にページが移動して、「Google アップデータ(Google パックを入れている場合に使うみたいです)による Google Earth のインストール」というページが開いてしまいます。

自分自身は、Google パックを入れた覚えがないので、Googleアップデータをアンインストールした後、入っていたGoogle Earth、Google Talk、Google SketchUpの3つをすべて消し、再起動しました。

しかし、それでもなお自動的にGoogle パックを使用したダウンロードを迫ってきます。もしかして、これからはGoogle Earthの所有者はこれでバージョンアップしてほしいということなのでしょうか。前回のバージョンまでは表示されなかっただけに、少し怖いです。

なお、この表示は、症状が発現した時以来、アクセスしたサイトではGoogle Earthのみで確認しています。



現在、Google EarthやGoogleツールバーなどはGoogleアップデータによるダウンロードに変わっていますが、

直接インストーラのみをダウンロードすることもできます。

​http://earth.google.co.jp/support/bin/answer.py?answer=21616​

​http://www.google.com/support/toolbar/bin/answer.py?hl=jp&answe...​



スポンサーサイト

2008年06月11日 トラックバック(-) コメント(-)

地下鉄(メトロ)に乗って 東野圭吾さんのトキオみたいな本・・・

先日、東野圭吾さんのトキオという本を図書館から借りてきて読みました。

1979年、浅草。不治の病で死にゆく息子が、時を超え若き日の父親に会いに来た。男は「彼」との出会いによって、父親になっていく-。切ない長編ファンタジー。

初めて東野圭吾さんの作品を読みましたが感動ものでした。

わたしは父親を亡くしているので、なんか自分が父親の青年時代にタイムスリップしたような気持ちで読み進めました。

読み終わって自分も亡き父親の青年時代に行ってみたいなぁって思いました。この本の内容は人それぞれだとは思いますが。

どう表現してよいのか分かりませんが・・・・

このような本を知っている方、紹介してください。

お願いします。



 他の東野圭吾さんの作品だと、一週間前に「秘密」を読み終えたばかりです。

 母子中心で描かれているのですが、「トキオ」母娘版ともいえるかもしれません。物語が1980年代から始まるところや、母子が乗ったバスが大事故になってしまい、生死に関わることが出てくるところなど。

 映画化されています。

 ついでに言うと、No,1のかたの投稿の「昨日公園」はフジテレビの代にも奇妙な物語で、人物設定などが大幅に変えられて、ドラマ化されました。主演は堂本光一でした。



2008年06月09日 トラックバック(-) コメント(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。